ワークショップ

「令和」新元号への思い

【0話】だと思っています

【令和】という時代のお役目、わたしは、ある意味【0話】だと思っています。それは、【序章=はじまり】でもあり、そして、【すべての森羅万象が融合(和)を以って巡るCirculation「0-circle」の物語】のようですね。

そんな風に、私たちの時代の【名】を、単なる”言語”としておさめてしまうことなく、そこにその言葉の意味を味わおうと意識を向けた時、その意識を向けた瞬間に、その言葉に「ほっ…」とエネルギーが宿るのだと思います。

MARIKO TRIP(マリコ・トリップ)宮本真理子さん


しなやかなスタイルを確立していきたい

万葉集の解釈では、“「令」はつやがあるように美しい”という意味とのことなので、令和は「心穏やかで美しい調和」が大事にされる時代と解釈しています。

私は昭和に生まれ、平成の初旬に仕事に就きモウレツに平成を駆け抜けてきたのですが、平成の終わりに育休から戻り、働き方のシフトを模索しているタイミングで時代の変わり目を迎えます。

令和ではこれまでの経験を上手く調和し、しなやかなスタイルを確立していきたいと感じております。葛和の「和」でもあるので、個人的にも嬉しくウキウキしております。

葛和恵奈子さん


「令」にはエレガントな印象を持ちます

「令」にはエレガントな印象を持ちます女性の活躍を象徴するような一文字に思えてなりません。新時代のわたしたちの成せることに期待感を抱きつつ、夢を持って社会に向き合いたいと思います。

「和」には丁寧に人や社会に関わり生きる喜びをを大切にすること。「和をもって尊し」の時代となるのではと思っています。

高度成長期を経て経済が成熟した昭和から新しい社会問題が次々と現れて理想と現実のギャップが社会を取り巻いた平成、令和は少し穏やかにストレスから解放されて人間らしさを取り戻すことで人生100年時代をどう生きるのかその中で得られる幸福感をそれぞれが考えなければならないのではないと感じています。

それぞれの社会問題が輪となり連鎖し明るい導きができるように残りの人生のライフワークも設計したいと考えているところです。「令和」女性の柔らかさを感じさせる元号だなと、柔軟性や想像力を最大に発揮すればきっときっと時代が背中を押してくれるような気がしています。

河野千佳世


team startuproom

team startuproom

投稿者の記事一覧

startup roomでは、令和の時代にあった女性のためのスタートアップのあり方を紹介しています。

スタートアップルームとは

ワークショップ

  1. 幸福の風景

  2. 求めない

PAGE TOP